明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

社長と昇進面談

前に話したような気がするけど、僕は社会人経験が薄い。

なんせ8年引き篭もったあとの初めての仕事場だ。

 

アルバイトすらやったことない、コミュニケーションを取る気すら皆無だった僕。

今思えば当然、昔は理解不能な「世の中そんなに甘くない」発言。

 

引き篭もる前から「本当にそうかな?」と疑問だった。

と同時に「僕はきっと大丈夫だ」と確固たる自我があった。

 

それは僕が長年鍛え続けてきた心の刀だ。

普段は鞘に入れて隠しているけど、最近は振るうことに躊躇いが無くなった。

鍛えた刀は容易く現実を断ち切る。

 

とまぁいつものように見る人が見れば心が底冷えするようなポエムになったけれども。

本題、僕は初めて昇進の為の話をした。

初めて話す接点の無かった社長と。

 

推薦してくれた上司の話だと昇進出来るかは「50%ぐらい」とのことだった。

けれど社長はこういった。

「最初に言っておけば僕の判断で落ちることはない、現場の人が推薦しているんだから現場にいない僕が判断することはまずない」と。

そして「リラックスしてもいい」と続けた。

 

僕は安堵すると同時に昇進が無くなることはまずない、と面談する前に感じていたことを思い出す。

 

社長の話を僕が相槌を入れながら聞くこと30分ほど。

「30分ぐらい話しをして分かった、〇〇さんは理解力が高いね」と称された。

僕は軽く驚いて「ありがとうございます」と受け取った。

「どんな人なんですか?」と聞いた時に「頭の良いおじさんだよ、悔しいけど」と上司が言っていたことを思い出しながら。

 

社長は面白い人だった。

一言で良く言えば好々爺、悪く言えばタヌキ親父といったところだろう。

 

僕は概ねを理解している。

上手くいく。

上手くいかない。

楽しい。

楽しくない。

 

僕は概ねを理解していたけれども。

自信がなかった。

誰かに「頭良いね」と褒められてもお世辞だとしか思わなかった。

 

でも今の僕は少しずつ言えるようになってきた。

少しずつ受け取られるようになってきた。

 

「僕って頭良いんだよ」

 

子供の頃にそう得意顔で言いたかった自分を見つめながら。