明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

聲の形~lit~

聲の形見ました。

暗そうなイメージで中々見る気がしてなかったこの映画。

 

感想は「見て良かった」というシンプルな物。

聴覚障害者を取り巻くイジメとイジメに関係する物語と聞くと、大抵の人が見たい!と思う題材ではないと思う。

 

そしてこの映画はスッキリする映画かといえばそうでもない。

主人公はイジメを行った罪を悔いて行動をするが、

周りの人間は悔いたり悔やまなかったり、個を貫き通す。

 

明確に誰が悪いと言える単純な構造ではなく、こいつ最悪、な感想がいくらでも出てくる。

ある意味現実的で、ある意味非現実的な映画。

 

上手くいかない現実とどう折り合いを付けるか、

もしくは最悪の過去を乗り越えて希望の未来に繋ぐ映画と見ることも出来る。

 

僕はこの映画を絶賛もしないし、批評もしない。

聲の形は「見て良かった」映画だった。

 

最後の最後で主人公が涙を流すシーン、

あのシーンを僕も現実に体験している。

涙が止まらない気持ちの共感、共有。

 

あぁ見て良かった!