明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

【仕事】2ヶ月で変わること

今から2ヶ月前のある日、

僕は上司に「辞めようかと思っていてその話になります」と切り出した。

 

仕事を辞めることに僕は大した感慨を持っていない。

そもそも僕はお酒も好きじゃないしギャンブルもやらない。

アレが欲しい、コレが欲しいなどもほぼない。

お金があれば使うが、無ければ使わない。

 

そんな訳で僕は「辞める」のハードルが物凄く低い。

生きていくだけのお金を稼ぐことなんて、手段を選ばなければそんなに難しくない、それが僕の考えだ。

とはいっても、僕は明日辞めます!などと不義理を働く訳でもなく

辞めるタイミングの話をしようとしていた。

別に2ヶ月後でも良いとすら思っていて。

 

僕は上司と向かい合って話をした。

 

詳細は割愛するが・・・

結論から言って僕は引きとめられた。

引きとめられた上で、昇進に繋がる話を持ち掛けられた。

実は順序が逆で、昇進話を持ちかけようとしたら、僕が辞めようとして驚いたという話だった。

 

僕は言いたいことは遠慮なく言った。

一応断っていくと、僕は社会経験が今の会社しかない。

つまり会社に入った時点で「自分=底辺」だという意識があった。

 

それなのに、僕は「自分=底辺」の自分が会社に対して、というより社会に対して失望、もしくは諦観のようなものを抱きながら仕事をしていたように感じる。

 

僕は「なるほどね、みんな死んだ顔をして仕事をする訳だ」と。

作業効率を阻害するあらゆるものをそのままに放置して日々行われる業務。

 

「でもまぁ世の中なんてそんなもんなんでしょう?」

僕は疑ってなかった。

それは窓から見える人々のつまらなさそうな顔と一致した世界だったから。

 

だから僕はつまらなそうな人達のことを考えなかった、

常に面白そうなものがないかと自分の世界に籠もった。

 

だけどそんな僕にも変化の風が吹いて。

今自分は変化を起こそうとする側に回っている。

 

話を戻そう。

僕は上司に「話を受けても自分の中の辞める気持ちが無くなることはないと思います」

と正直に伝えた。

 

愚かで、浅はかな若者の言葉。

少し考えればそんなことを言うメリットがないことが分かる。

ただ「やります!やらせてください!!」といった方がいいに決まってる。

 

けど僕はもう分かってしまった。

要領良く、ご機嫌を伺って立ち振る舞う行動、

嘘を付いてゴマをすったり、社交辞令で人と接すること。

そういった当たり前の嘘が、やがてその人自身を苦しめることに。

 

僕は「2、3ヶ月後に不意に辞めることもあるかもしれない」と続けた。

その期間はただの思いつきだったが、今振り返ると

僕は「2、3ヶ月後に何の結果も得られていないようなら辞めます」と言いたかったんだと思っている。

 

「とはいえやるからには、手段を選ばず全力でやり遂げます」と告げたように。

全力を出して2,3ヶ月で何の成果も得られていない訳がない。

そう思っていたんだろう。

 

僕のお陰だけでないことは確かだけど、確かにこの2ヶ月で何かが変わり始めている。