明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

新月の願い事

今は新月です。

新月って満月に比べて存在感薄いっすよね。

無いものをあるようには意識出来ないってことっすかね。

 

さて新月は願い事をするのに最適という話をご存知でしょうか。

月が願いごとを叶えてくれる訳ねーだろwwwワロッシュwwwwと思うのが大半かなぁ。

 

なんで叶わないように思っているのか?

実際に叶った経験がないからですね。

願い事にはタイムラグがあるんですね。

 

例えば今日の新月に願ったことが半年後に叶っていたとして。

その叶ったことを新月のお陰と認識出来るか?

まぁ出来ませんわな。

人は常にまだ来てない明日のことを考えたり、どうでもいい悩みをどうでも良くないように悩むいきもの。

 

だがしかし。

仮に新月の願い事が叶う、という前提だったらどうでしょう。

あら不思議、願いが叶ったのは新月のお陰なのねん♪と臆面も無く口にするスイーツ脳()の出来上がり。

 

さてはてこのカラクリは如何なるものか。

何故「信じるものは救われる」のか分かるでしょうか?

まぁ「信じてる」からですわな。

 

神様は決して人を見捨てない、と信じたとして。

不幸な出来事が起きたとする。

「神なんていない!」と絶望するのは何故でしょう。

信仰を捨てたからですわな。

 

さて信仰を捨てる意味があったのでしょうか?

神様は見捨てないのであれば、不幸な出来事にも意味があるのではないでしょうか。

何の為に信仰を捨てるのか。

自分の為ですわな。

 

自分の為に信仰を捨て、神はいないと定義して生きていくことを選んだだけに過ぎない。

さてはてその選択に意味はあったのか。

それはその人にしか分かりませんが、何の為に信じることにしたのか。

信じることを捨てる意味があるのか。

その可能性を捨てるものに救いなんてある訳もないんですわな。

 

奇跡なんて起きないよ。と信じる意味は果たしてあるのか。

誰でも奇跡は起きた方が嬉しいのに、信じることを辞めたのは何故なんでしょう。

「奇跡なんて起きない」ことで自分が起こした出来事を正当化して自分を守ってるんですわな。

「俺は間違ってない」ことを証明するために信じることを辞めたんですから、苦労がこの先待ってるのは当然ですわ。

「自分がゴミカスだったから奇跡が起きなかったんだ」なーんて認められませんわね。

 

そうやって苦労仲間を増やしていくことで、自分を守るんですかね。

そーしてそういう人が多数派になってしまうと・・・

居酒屋でクダを巻くような、時間の浪費が一般的になってしまうという。

 

おぉ悲劇・・・いや喜劇かな。

そういう人はそういう人なりの喜劇を演じているのだと思えば

私は傍観者として喜劇を見届ける次第です。

 

悲劇を訴えても同情はしませんけど、興味は持ちますよ。

自分と違う世界を生きる人間すべてに花束を。