明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

【時節】黄金の別離

バンジージャンプをするにあたって、親友とお互いの心の内を話した。

 

「死ぬことは怖くない」

僕は親友に告げた。

結果が分かっている出来事を僕はもう恐れない。

 

「誰かが傷付くのが怖い、誰かを傷付けるのが怖い」

僕は続ける。

「自分は本当は一人が好きなのか、人が好きなのか、分からない」

 

親友はこう返す。

「多分どっちもだよ」

 

一人が好きだから孤独を選んで、人が好きだから傷付けたくない。

 

それは親友が人嫌いなのに、人との交流を絶たないことと似ている。

絶てば見捨てられるから常に繋いでおかないと、不安なのだ。

 

親友は昔から親切で、明るくて、器用で、経済的にも恵まれていて、今は綺麗な奥さんと子供もいる。

凡そ「幸せ」と呼べる物を全て持っている。

それでも、不安に苛まれていた過去、臆病な自分を持っている。

 

僕はどうだろう?

昔から僕はどうだったのだろう。

もう考えても仕方の無い、過ぎ去ってしまった時間。

 

「死ぬことは怖くない」

もう一度口にする。

 

恐怖は、自分が作り出した幻想。

だから飛ぶのは怖くなかった。

全て幻想だと分かっていたから。

 

それでも死を身近に感じる恐怖はあった。

それが何よりの収穫だった。

 

誘ってくれてありがとう。

心の底から、感謝している。

 

f:id:I_am_You:20170503112430j:plain