読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

【雑記】孤独の話

孤独を感じている。

 

少し前まで夢想してやまなかった現実を手に入れた瞬間に

空想で彩られていた世界が現実味を持ち始めて、

それ故に、現実にも空想の期待を持ってしまう自分がいる。

 

現実に馴染むべく、心理学の本を読んだ。

「世界は自分の投影によって成り立っている」

「身の回りの全ては自分が望むべくして起こった結果の現象である」

そんな意味のようなことが書いてあった。

 

もし、そうであるなら、妄想だと思っていた空想は限りなく現実だ。

夢見た世界を現実に描き出すのは、誰もが持っているコモンセンスで

特別でもなく、普通のことらしい。

 

そう書いてあって酷く安心した。

自分が特別なんて孤独すぎる。

 

普通の人はイチローを褒め称える。

前人未踏の偉業を成し遂げた人物を人ではなく、人ではない英雄として祭り上げる。

誰も英雄の苦悩と重責を考えない。

自分と違う宇宙人のことを考えたりしない。

 

「音を聞けば、その音に何が込められているか分かる」

自分がかつて、他人に話したことを他人事のように思い出す自分がいる。

「文字を見れば、その文字に込められた思いが分かる」

そんなこともいった自分がいる。

 

そんな能力欲していない。

そんなのは中学生の妄想だ。

そう思いたい自分がいるのに。

 

あらゆる物事が自分の描いた思想の反映であるなら。

そう願い続けた自分の思いが、今の現実であるなら。

今の現実は夢であり、空想の世界だ。

 

夢の世界で孤独を感じているのならば。

きっと自分は孤独であることを選んだのだろう。

 

「人は独りでは生きられないからね」

夢の人物の言葉を何度も思い浮かべながら。

 

僕は孤独の中にいる。