読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

【記録】それこそ窓が開くように

記録

誰かが作った音楽を聞いて、誰かのことを考える。

この人はこの音に何を込めたのだろうか。

 

頭で考える前に心を開いて、音を聞くと、

誰かが音に込めた思いが聞こえてくる。

 

ある人がデビューをした。

デビュー曲を僕が聞いた。

 

そして僕は考えた。

この人のことを知りたい、と。

僕はブログを見つけて遡った。

 

そして見つけた、ありったけの思いを込めた言葉を。

 

 <それこそ窓が開くように>

ヒトの思考や想像は、無限です
(正しくは、無限と認知している限りでの無限、ですか?ま、いいや)

そのうち、ヒトが表に出すことができるのは、どのくらいでしょう?
パソコンに打ち込める思いは、何パーセントでしょう?
インターネットというフィルターに通すことのできる気持ちは、何パーセントでしょう?
80%でしょうか?
50%でしょうか?
30%も伝わればいい方なんでしょうか?

ヒトの気持ちを誰かに100%伝えることは無理です
人が一人一人違う所以
面と向かって話したとしても、無理なことです

ただ、インターネットでも100%伝わるものもあります

例えば、「音楽」
一つの曲は、どんな媒体を使っても、一つの曲です

狭くて暗い部屋で、ワッキーみたいな顔のボクが作った曲が・・・
顔も知らない誰かに、
確かに、伝わっていくんです

その「誰か」とは誰でもなく、
世界中、
インターネットをつないているヒトなら、
誰にでも


そしてもう一つ、インターネットが持つ力
逆に0%のものを引き上げること
「可能性」です

誰かになにかが伝わる可能性
何かに出会う可能性
それまでは決してありえなかったこと、0%のことを、
80%にも90%にもしてしまう可能性
ワンクリック詐欺に合う可能性
誰かを傷つける可能性
誰かに傷つけられる可能性

ワッキーみたいな顔の引きこもりの命を救う可能性

そして、その救われたワッキーが作った音楽で、誰かが感動する可能性

幸か不幸か、
ボクらは今、PCがカンタンに手に入り、
インターネットにもカンタンに接続できる国に住んでます

今さら「正しく使おうぜ!?」なんていうのは愚問です

ただただ、
それはつながっています
OSや回線を結んで、
一人のヒトと、一つのPCと、だだっ広い世界

それこそ、その狭い部屋の窓を開くように、日の光が差し込むように