読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

【時節】いつかスーパースターが僕の前に現れるまでは

時節

自分が描くストーリーを演出する為に選んだ1月1日の覚悟の帰省。

 

親友に今までのことを全部話してきました。

恥ずかしいことも、自慢したいことも、聞いて欲しいことも、

情けない話も、隠しておきたいことも全部。

 

そうしたら親友も話してくれました。

恵まれた環境で才能も持っていて、お金に困らず結婚もしてる立派な社会人。

だからこそ、甘やかされて育って何も知らない、何も出来ない世間知らずな自分と、

才能もある、能力もある自分の自意識、プライド。

そんな板挟みに苦しんできた、と。

 

お互い苦労してきたんだなぁ。というのが素直な感想でしたが・・・

だったら言ってくれればいいのに!というのも正直あります。

でもそれもお互い様ですかね。

 

言うなれば、自分は医者にも薬にも頼らずに

誰かに常に助けて貰いながらも、それに甘えることなく

毎日毎日。考えて考えて、地獄の渦中でも、楽しみを見つけることを忘れなかった。

 

思考すること、記録することに関しては人一倍秀でている

最高の自分が拾ってきた思い出という名の大切な記憶の欠片。

 

その欠片が合わさって、完全な形になったお陰で、もう自分は大丈夫かな、と。

だからもう隠さなくてもいいかなって。

 

さぁ新年の話はこれでお終いです。

今年はどんなストーリーが描かれるのか、楽しみでなりません。

 

 

そして話は変わり、広沢タダシの「スーパースター」という曲。

この曲ずっと心に残っていたんですけど、検索しても聞けなかったんです。

最近ようやくItunesで見つけました。

歌詞の「スーパースター」を夢見て、ずっと探していた過去を重ねました。

 

今の悩みは「僕の想像をはるかに超えるようなスピードで」現れた超新星

まるで捕まえることが出来ないことですかねぇ・・・