明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

【時節】世間はクリスマスだけど、関係のない軌跡の話

このブログを始めて一番最初に書いた記事は「Missing Parts」についてでした。

 

今思えば自分は探偵になりたかったのかもしれない、悪戯な因果で結ばれた幼馴染から「ホームズ」と例えられた時は、いやー自分はずっと「ワトソン」だと思ってたけどねぇ、と思いつつもやっぱり嬉しかった。

 

直接繋がりのないバラバラになった記憶を繋ぎ合わせて一本の物語にすること。

それが今の自分が出来る人生の演出方法です。

 

最近人生を自分で演出出来ることに気づいて、実演を続けていたのですが、

周りの人にはどう見えていたんでしょうね。

華麗なフィナーレを飾れた物語では「お楽しみ頂けたでしょうか」と恭しく一礼を行う輝く自分の存在がはっきり見えています。

 

それが空想に過ぎないとしても、繋がる物語は常に存在している。

それに気づくことが出来れば、どこにでもない物語を紡ぐことが出来る。

 

例えば、今続いている物語の話。

相手が自分と同等の考えを持ち、その物語の「登場人物」になろうと考えているなら。

明日、動いて欲しいなと思っています。

 

自分は楽しいことが好きなので、いつも自分と同じ人間がいたらいいのにな、と。

そうすれば、一人で出来ないことも二人でもっと楽しく演出出来るのにって。

 

ずっとそう思って、今まで生きてきたんですが、どうなんでしょう。

やっぱりそれはただの「空想」なんでしょうか。

 

とても偶然とは思えないので今日は明日の用意をしました。

用意したのは「手紙」です。

渡すことが出来れば良いのですが、可能性はかなり低いですね。

 

そう、ただのお芝居でいいんです。一緒にお芝居を演じてくれる人が欲しかった。

今までは自分の中に見てくれる人がいたんですが、もういなくなったかもしれません。

 

最後に、痛切に感じ入ってしまった言葉の紹介をして、今日の物語はお終いです。

 

「Missing Parts」より愛を込めて。

・・・小さい頃。
推理小説を読みながら、こんな名探偵が本当にいたらいいのに、と・・・
そうすれば、こんな曖昧な形で事件を終わらせたりしなかっただろうな・・・

受け取った小さな石をぎゅっと握り締めた。
ずっと、心の中で壊れたままばらばらに散って形がわからなくなっていたものが、やっとひとつになったような気がした・・・。