読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

【時節】忘年会は1勝1敗1分

時節

帰ってきて寝て、今起きた。

若干頭が痛い。

 

いつものように、帰ってから、その日に起こったことを反芻していた。

あの言葉は正しかったか、この態度は間違っていなかったか。

 

そこまでは今までと同じだったけど、

結論は同じではなくなった気がする。

 

自分の都合の良いように信じてみようか。

悪い可能性を考慮せずに、誰かが言った言葉を素直に受け止めて。

もしかしたら・・・と不安に思うことを信じない。

 

やっぱり、思い返すと何を自分が大切にしているかが良く分かる。

少し、誰かの言葉をメモ代わりに残しておこう、忘れないために。

 

「○○さんは俺のこと好きだから」

俺は、どうなのか、知りたいのはそこなんだけど。

素直じゃないから自分の気持ちを言うことは無かった気がする。

仮面を被った人の言葉に聞こえた。

 

「うちの会社って○○多くないですか」

この○○に入るのは伏せるけど、そんなに多いんだろうか。

4人いるらしいが、1人は思い浮かんでも、残り3人は出なかった。

そしてこの言葉に、ほんの少しの感傷を覚えた。

 

「○○さん最近神ってる、俺の下じゃこんな急成長は無かったと思う」

そうだろうと自分も尻馬に乗った、この言葉を言った人は良い人だから、

自分の捻くれた思考とは相性がそんなに良くなかったように思う。

だから、自分の考えていることを言った。

中々言えない自分の本心を。

あ、でも「神ってる」は「マジで使う人いるんだぁ」と思ったが言わなかった。

 

「自分は白紙だから、誰かの言ったことをそのまま書き止めることが出来るんですよ

だから、自分が成長しているというなら誰かが優秀であったということだと思います」

自分の言葉、滑らかに自分の思考を口に出来たのはここ以外に無かった気がする。

この言葉に先輩は感心していたように思う。

 

「○○さんは素直だから言ったことを聞いてくれる、聞いても聞き流す人とか、分かったと言いつつ分かってない人とかいるからね」

素直、ね。

確かに僕は素直だ。

でも、自分は疑り深いし、ユウは人を簡単に信頼しない。

 

あ、今気づいた、人といる時の自分は「僕」が大半な気がする。

たまに「ユウ」が出てきて滑らかに流れに乗れることはあるけど、

大半はポンコツで優しいだけの「僕」だから上手く流れに乗れてない気がする。

そしてたまに「ボク」になって極端に感情を乗せたりもする。

完璧主義な「自分」はいつもイライラして周りを見ている・・・

そうか、そう考えると殆ど説明が付く。

 

「○○さんのこと全然見えてこない、素性が分からない」

自分と近しいものを感じる人の言葉。

お互いに多分根は似たもの同士。

違うのは自分にとっての「ユウ」がその人の大半を占めているのかもしれない点だ。

自由で、束縛されず、やりたいようにやれる「ユウ」

それをもう少し表に出すのはどうしたらいいんだろう。

 

「あの話ってまだ生きてますか?」

自分が上記の人に言った言葉。

すぐには出てこなかったけど、ヒントを出すと答えを口にしてくれた。

そして飲みに行く約束をした。

4月に、まだ自分が今の自分で無かった時に多分「ユウ」が興味を持った。

その時にお互いに「飲みに行くなら誘ってくださいよ」と言っていた。

ほんの少し、考えたけれど、4月の自分はやっぱり誘わなかった。

だから今踏み出してみたら、相手も受け入れてくれた。

 

正直何を話すことになるのか、自分でも良く分からない。

実りのあるものになるのか、ならないのか。

でも、それは行けば分かることだ。

自分と違う人間であっても、それはそれ。

 

あと、言葉ではないけど壁ドンをされた。

逡巡し、戸惑う目が印象的だった。

その行為も「仮面」の一部で、躊躇いが「仮面の下」の顔だった気がする。

ボクは「仮面」の行為には何も感じなかったけど、

ユウは躊躇いを「気軽に触れない」ものと捉えていた。

そしてその後に、照れ隠しもした、と。

その「仮面の下」の方がボクは嬉しかったかもしれない。

 

・・・総括すると、誰にでもフラットな何某か、が。

自分にはフラットではなかった気がした。

誰にでも同じように接するのなら、それはおかしい。

 

僕はそれを親愛によるものだと受け取ることにした。

そうしないと、言動に矛盾が生じる。

いや、そうじゃないなぁ。

そう信じないと「楽しくない」

 

誰がどう思っているか、自分で判断するのは止めた。

判断するのはいつも他人だ。

自分が好きなことと、他人の好きが一致しなくても、

もうそれでいい。

 

自分のやりたいように「変えていく」ことを決めている。

だから不満に思っていることは「変えていこう」

 

1勝は自分を認めてくれたこと。

1敗はそんな自分を全ての人に認めて貰うことがまだ全然出来ていないこと。

1分は自分から行動を出来たこと。

 

うん、1敗じゃないな、これ。

2敗はしてる、負け越している。

でも、その後少しだけ取り返して

まだ回が残っている。

 

1分けにした回で、1勝出来ればイーブンに持っていける。

上手く2勝出来れば、勝ち越しだ。

未来のことを考えよう。

楽しい未来にどうやったら近づけるかを。

 

ワクワクすることをやって、ワクワクして貰える自分を一歩ずつだ。