読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

やっぱ私が一番!

喉の痛みが辛い。

龍角散のど飴を舐めれば、マシになるけど、

のど飴が無くなると痛い。

 

少し前の例から言うと、病院に行った方がいい。

今週の水曜が休みで良かった。

今日は「大丈夫」だろう。きっと。

 

体が、心が、疲れていると音楽が聞きたくなる。

音楽を聞くことさえ出来ないと、棄権信号だ。

 

アイドルマスターのことを全然知らない。

なのに「私はアイドル」を聞いている。

歌詞に、昔の自分も恐らく自身を重ねていたのだろう。

 

多分、その頃感じたものより染み入るものがある。

 

「やっぱ私が一番! 今輝いているみたい
 そりゃ生まれながらダイヤの原石みたいだもん
 もっとビッグにならなきゃ もう何かの間違いでしょ」

 

・・・どうやら自分は、思っていたよりも貪欲で傲慢で、独善的らしい。

 

自分は「天才」だと思っていた。

誰になんと言われようと「天才」だと思っている。

「天才」だからこそ、努力を怠らない。

 

だって「八百長ではなく正々堂々」勝負しないとダメだ。

 

少しずつ世界が変わり始めている。

当然だ、自分が動けば、自分を中心にした「世界」が変わると信じていた。

 

Nさんの言葉がリフレインする。

「○○さんは【そこまで】でいいんですか、もっと上を目指す心積りはありませんか」

「隙があれば、何段飛ばしで上を目指す、出来れば、そんな気概でいて欲しいです」

 

それは「成功」を保証する言葉ではない。

「挑戦」をしろと言っている。

「失敗」をしても気にするな、と言っている。

 

Nさんに今回の仕事でのダメ出しをしてください、とお願いした。

「自分は問題を感じていません、もし問題があると自覚しているなら、こちらには見えていない。それは出せていないか、隠しているか、出しても問題ないかでしょう」

 

なんだ、隠せていたんだ。

じゃあ、自分に「欠点」なんてないじゃないか。

 

「やっぱ私が一番!」らしい、「生まれながらダイヤの原石」みたいだ。