読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

海外旅行に行ってみようか

海外行ったことないんですよね。

よく「海外に行くと視野が広がるよ!」って人いるじゃないですか。

 

でも僕はこう思うんですよね。

「それはあなたの想像力が豊かではなかっただけではないですか?」

 

旅行そんなに好きじゃなかったんですよ。

だって想像の方が面白いんだもん。

プロのカメラマンが構図に時間を掛けて撮った写真を見て空想を広げた方が楽しいじゃんって。

ほんの4ヶ月前ぐらいは、そう思ってたんだけどねぇ。

 

7月だったか、神戸に2人で旅行に行ったんですよね。

9割ぐらいは「いつもの」感じで「こんなもんかぁ」って感じだったんですけど、

そんなに期待しないで行った観光地で、プロのサーカスの人が巡業の合間に、単独公演を行っていたんですよ。

 

感動しました。

技量を、というよりそれに至るまでの過程と、そこに至った後のショーを見て、感動したんですよねぇ。

 

なにより「Time to say goodbye」の曲です。

クライマックスでBGMに使用されて、曲の締めと同時にショーが終わったんです。

この時点でそのBGMが「Time to say goodbye」だとはっきり分かってなくて、あの瞬間にかかった曲、知っているはずなのに思い出せないって、その後も旅行は続いていたのに、そればっかり気になってました。

 

それで「Time to say goodbye」を探し当てて聞いたんです。

涙が出ました。

港町の神戸で「Time to say goodbye」をBGMに単独公演を行うサーカスの人に出会う確率ってどれだけのものなんでしょう。

 

そして「Time to say goodbye」の原曲が「Conte partiro」であることを知ったんです。

サラ・ブライトマンの曲しか知らなかった自分、まさか原曲があったなんて、ここでも衝撃を受けました。

そしてこのどちらも良い歌なんですよ・・・

極めつけは2人のデュエット、脳が痺れました。

 

「死ぬまでにこの2人の「Conte partiro」「Time to say goodbye」を生で聞きたい」

そう強く思ったんです。

 

そこでふと気づいたんです。

ひょっとして自分が旅行を楽しめないのは「誰か」がいるからなんじゃないか。

「誰も」いない旅行なら景色を見て物思いに耽ったり、一人で道に迷って困ったり、入る店が無くてコンビニでお弁当を買ってホテルで食べたり、そんな「やれやれ」な旅が出来るんじゃないかって。

 

その極めつけが「一人で初めての海外旅行」なんじゃないかって。

幸いにして貯金はあるんで、時間さえ取れるなら各国を漫遊することも不可能ではない。

 

今行きたい場所はヴェネツィア、ロンドン、グランドキャニオン。

ヴェネツィア、イタリア、ローマといったヨーロッパの旅が無難かなぁって。

一週間ぐらい休みを取って行こうか、と半ば本気で思ってます。

 

「海外に行くと視野が広がるよ!」の意味が少し分かった気がする。

そりゃあ視野広がるよ、日本と文化も言語も違う所に放り出されれば視野=考え方を切り替えざるを得ない。

 

一人で行ったら絶対苦労する。

もう二度と一人で行かない!と思うかもしれない。

でも、それも一つの経験だ。

 

誰にも頼らずに、自分の力だけで、アドバイスも求めず、自分の行きたい場所に行ってみよう。

そうしたら、きっと「旅行って楽しいんだな」と実感して。

そのために「生きている」人の気持ちが良く分かるかもしれない。