読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

大宰府天満宮に見る過去と現在

雑記

一度も訪れたことのなかった、大宰府天満宮に行ってきました。

お昼に出て夕方に帰れるんで旅行というほどでもないです。

結論から言えば、行って良かった、かなり癒されました。

 

それはそれとして、少しだけ考えたことを話します。

大宰府天満宮の祭神といえば菅原道真公ですが、日本の三大怨霊の一人に数えられています。

元を正せば菅原道真の怨霊を鎮める為に信仰が捧げられ、その脅威が無くなったとなるや生来の学問を司る神として祭られることになったそうです。

 

・・・今風に一言で表すならば「熱い掌返し」といった所でしょうか。

まぁそれは良いとして、他にも面白い所がありました。

 

現在太宰府天満宮は菊、七五三の祭事が行われていて、休日のお昼時は人でごった返していたのですが、人が多かったのは本殿の周りだけで、本殿からほんの少し離れた場所にある天開稲荷神社は閑散としていました。

 

なぜでしょう、参拝をする皆様が菅原道真フリークだからでしょうか、学問の神に願いを託すためでしょうか、ご利益の大きい方が良いからでしょうか。

 

違いますね、「人が多い所に人は集まるから」です。

人は本能的に「人が多い→多い場所には魅力がある→並ぶ価値がある」と判断するからでしょう。

 

気持ちは分かります、自分も人がいない店には入りにくい、人がいることは、それだけで安心感がありますから。

 

結論をそろそろ出しましょう。

自分は大宰府天満宮よりも天開稲荷神社の方が見る価値があると判断しました。

天開稲荷神社付近は人が少なく山間にあるので、秋の涼しい気候のなかハイキングがてら悠々自適に参拝することが出来ました。

 

またいつか天開稲荷神社を訪れよう、そう思ったんです。