読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

先方の上司をお昼に誘ってみた

大人になって男女を問わず、この人と仲良くなりたいなぁって思う人がいる場合、どうするのが手っ取り早いんですかねぇ。

 

今までだったら「共通の趣味を持つ」の手段を取ってたんですけど、折角だから方法も変えてみることにしました。

要は「お昼一緒にどうすか?」です。

 

その気になった上司の人、仕事中は陽気で気さくでお茶目ではあるものの、何となく休み時間とかお昼は基本一人で、スイッチをオフにする人なんじゃないか、と直感が告げてまして。

そういう人お昼に誘っていいもんかなぁって。

 

前置きはこれくらいにして、まぁうちの会社にもいないってぐらい良い人なんでOKしてくれ、お話してみて・・・

 

驚いたのは

「上司さんから距離置かれてると思ってました、他の人には調子を聞いたりするのに自分はスルーされてるみたいな」と半分おどけながら切り出した時に、

これ結論から言うと「優秀だから調子を聞く必要もないし、放って置いても大丈夫」と思われてるからだろう、と予測していて。

実際その通り答えが返ってきて、他意は全くないことの裏付けが取れたとこまでは良かったんですが・・・

「そんなんだから大体放って置かれて寂しいです」と返した所、

「それ○○さん損してるかもしれないですねぇ・・・」と感情篭もった声で言われたこと。

思わず「それな(ため息)」って返したかった!けど、言葉が咄嗟に出ませんでした。

 

ここは普通の人だと「信頼されてるって証じゃないですか」とか何の役にも立たないフォローをしてくれる場面。

実際猫被りモードの自分なら適当に場を繋ぐためにそう言うでしょう。

でも恐らく掛け値なしな良い人のこの人は「優秀であるがゆえに放っておかれて、更に寂しさを感じている」現状を「損してる」と表現して慮ってくれたんです。

 

本当に、良い人やなぁ・・・