読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

今日から始めよう。

物事は早い方が良い、しかし遅ければ悪い訳でもない。

 

出先での業務が終わり、自社に戻る最中、上司Aにもう少し仕事を頑張りたいと切り出した。

 

上司A曰く「勿体付けるから辞めるかと思ってヒヤヒヤした、○○さんがそんなこと言うの意外ではあったけど、嬉しいよ」

「希望が通るか即断は出来ないけど、多分大丈夫、少なくとも俺は推すから」

 

ほっとしたと同時に、多少の嬉しさを感じた。

 

その後「面倒臭いこと山積みだよ」ということを聞いたあと、更に自分はこう続けた。

 

「もう何か猫被るの色々疲れちゃいました。会社には良い人ばっかりなのに自分が一番性格悪いんじゃないかと思ったりして」

上司A「それでいいと思う。例えばそれで○○さんが明日いきなり人の胸倉を掴んで乱闘騒ぎとかになったら止めるけど」

 

それは無いと笑い、心の内に声が響いた。

 

こうなることは分かっていた、上司Aの性格を分析し、話を切り出し、猫を被っていることを明かし、上司Aと仲良くなりたい旨を伝えて、黒い部分を出しても良い許可を得る。

 

何の狂いもない、予測の範囲内、思ったとおりの答え。

 

踏み込む前には決して教えてくれなかっただろう、内部の事情を興味深く聞いたあと、

「続きはまた明日」そう言って別れた。

 

この先、自分は決断を後悔するだろうか、誇りに思うだろうか、挫折するだろうか、成功するだろうか。

どれでもいい、後悔をして、誇りに思い、時に挫折し、ささやかな成功を得て、貴重な時間を浪費し、何かを見出し、傷ついたかと思えば勝ち誇る、矛盾に満ちた。

 

そんな痛切に憧れて、ついぞ手に入れることは出来ないと幾度か諦めた、どこにでもある、ありふれた人生が今日から始まる。