読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

新生活の時期だからこそ、心の内を話してみよう

お久しゅうございます。お変わりありませんか。

なーんてね、皆様お久しぶり!

 

更新がぱったり途絶えてしまったんですが、まぁ仕事が変わって時間が無くなったっていうありきたりの理由です。

そんな中、およそ9ヶ月ぶりに何故復活したのか。

 

その理由の前提、ブログを更新しなくなって度々感じたこと、仕事の前とか後とかに走る人っているじゃないですか。

あれ、やったことない人からすると信じられない、凄いって思います。

けど、きっとやってる本人からするとそうすることの方が楽なんです。

走ることで心をリフレッシュしたり、自分を奮い立たせたり、満足したりする。

 

それはブログの更新だって同じだと考えています。

ブログを続けられなかった人は、毎日更新するなんて凄い、という。

でもね、ブログを毎日更新出来ることは「良いこと」、更新するのが大変ではなく、更新することが自分を助けてるんです。

 

ならなぜ人は、自分は、ブログを続けられないのか「余裕がないから」です。

心の余裕がないからブログを更新出来ず、更新出来ないことが心の一部分を埋められない要因になる。

まさに今の自分の状態ですね。

 

自分は口下手かつ、文下手です。

だからこそ、毎日くだらないこと、自分が感じていることを稚拙な文章にすることで補っている。

例えば、この記事の冒頭の台詞、アレだって逆転裁判6の真宵ちゃんのパクり。

上手く、自分を表現出来ず、他人を見たり、語ることしか出来ない。

空っぽ、伽藍堂の人間なんです。

 

そんな自分が何故ブログを今やっているのか、引いては何故生きていられるのか。

それは「そんな自分を見てくれる人がいる」からに他なりません。

そしてそれは自分の「信仰」でもあります。

 

自分は「自分」に絶望していますが、「他人」に希望を見出している。

だからこそ「他人」を語ることが出来るし、そんな他人を語る「自分」を見てくれる、ほんの一握りの人達がいることこそが自分自身の希望です。

 

こんな、自分の恥ずかしくて痛いポエムを読んでくれ、更にほんの少しでも共感、反感、諦観を覚えてくれる人達に最大限の感謝を捧げます。

 

さて、9ヶ月ぶりに復活した理由、それは「話したくなった」から!

両親でも友達でもない、赤の他人であり、自分のことを知らず、自分を明かさない誰か、そんな人に話を聞いてもらいたいのです。

 

書くことを恐れたり、面倒がったり、憂鬱に感じることがなく、心の赴くままに文章を綴っていきますよ!!

 

それではみなさん、よろしければ今後もお付き合い頂ければと思います。