明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

11月4日は牡牛座の満月だった

昨日は満月の寒空の下で恋人と話してた。 書いてることはロマンチックでも、話の内容は大したことないし 頭で思い描く理想とは程遠い物だけど、やっぱり特別な日でした。 感情を解放して思ったことを吐き出した自分に 世界は現実、冷静という鏡を見せてくれ…

今の仕事を始めて明日で2年になる

社会のことを何も知らずに、社会を恐れていた2年前の僕。 社会のことを何も知らずに、社会を舐めていた2年前の僕。 「この会社に入れば、社会に出れば、何か変わるだろうか」 そんなことを考えていた。 僕は2年で変わった。 変わりたいと願ったから。 「28歳…

【時節】本当に好きなことを見つけている人生とは

仕事先でこれを見た時に、僕は「すぐに感想を書かなければ」と思った。 www.megamouth.info 以前これを見た時も、衝撃を覚えたのに、僕は書かなかった。 文章が纏まる気がしなかったから。 今がその時な気がした。 反なろう小説と、万能性の核 - megamouthの…

【映画】僕は、過去を蘇らせるのではなく、未来に期待するだけではなく、現在を響かせなければならない

小説が先だったか、映画が先だったのか覚えてないけれど 「冷静と情熱のあいだ」がずっと心に引っかかっていたことは覚えている。 何故、心に残ったのか。 何故、時間を経て今見たのか。 その理由が今良く分かる。 僕には恋人がいる。 僕には好きな人がいる…

【雑記】自分の心に正直に生きる、という希望への幻想

ネットを見ていると良く、自分の心に正直に生きる。 やりたいことだけやる、といった言葉を目にする。 やりたいことが出来ていない人、正直に生きていない人は、 その言葉に憧れたり、自分も真似出来ないかと考える。 そんな人に向けて言葉を投げる。 「何か…

【映画】僕が「君の名は」より「打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか」を好きな理由

少し前になるけど、「打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか」を見た。 端的に言うと「打ち上げ花火」は客観的には面白くない映画だと思う。 けれど、僕はこの映画が好きだった。 心に残る映画としてこの先、何かの拍子で思い出すことが度々あるだろう。 …

【FFXI】15年前の未熟な僕に捧げる言葉

15年前の昨日、つまり5月16日。 後の僕の運命を変えるゲームであるFFXIが発売された。 発売前から心を掴んで離さなかった。 そのことは疎遠になっていた今の親友との仲を繋ぐ切っ掛けにもなっていた。 僕は発売日にFFXIを始めることは出来なかった。 15年前…

【時節】黄金の別離

バンジージャンプをするにあたって、親友とお互いの心の内を話した。 「死ぬことは怖くない」 僕は親友に告げた。 結果が分かっている出来事を僕はもう恐れない。 「誰かが傷付くのが怖い、誰かを傷付けるのが怖い」 僕は続ける。 「自分は本当は一人が好き…

【雑記】完璧を演じること

金曜に同僚を飲みに誘った。 良く「人は完璧じゃない」だとかいう話を聞く。 僕は会社に入ってすぐは問題児だったけど。 少しずつ「社会」というものを学んでいったら。 どの上司にも「完璧です」「何も言うことはない」と言われるようになった。 おかしいな…

【仕事】ちょっとは楽しくなってきたみたいだ

「何かを変えるには、自分が動くしかない」 かつての自分はそんな思いを持って、一歩踏み出す覚悟をした。 踏み出すと、確かに世界は変わった。 それが自分の行動と無関係であっても。 閉鎖的で退屈だった会社を変えたいと願った自分の心。 変わっていく会社…

【時節】走り続けるには燃料が必要だ

自分は余り悩まない。 正確には、悩むことを苦しみだとは思っていない。 悩むこと、持っていないこと、渇望すること、嘱望しないこと。 全てのマイナスの要素は振り返れば取るに足らないことだったりする。 恐らく「大人になる」ということは経験から学ぶこ…

【雑記】「君の名は」を見る

泣きたい気分になったので「君の名」を見た。 でも、泣けなかった。 「君の名は」は面白い映画だったけど、普通の作品に感じた。 恐らくその「普通さ」が幅広い層に受けたのだろう。 秒速5cmメートル、言の葉の庭には「力」があった。 二度と戻らない時間の…

【雑記】孤独の話

孤独を感じている。 少し前まで夢想してやまなかった現実を手に入れた瞬間に 空想で彩られていた世界が現実味を持ち始めて、 それ故に、現実にも空想の期待を持ってしまう自分がいる。 現実に馴染むべく、心理学の本を読んだ。 「世界は自分の投影によって成…

【考察】コンビニ人間を読んで

コンビニ人間読みました。 思ったこと。 ・結構面白かった ・白羽と周りの人間は大分誇張されている ・恵子みたいな人間は自分含めそこそこいると思う ・えっもう終わり?的なボリュームの薄さ ・作者は他称クレイジーらしいけど、特にそうは感じなかった ・…

【雑記】世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

読みました。 村上春樹は相変わらずいけ好かない野郎だけど、良い小説です。 結末で主人公は空想の世界を選びました。 ほんと捻くれた奴ですよ。 村上春樹も自分と同じように不思議な体験をしたんだろうか。 もしそうなら、空想世界を描く作家は須らくどこか…

【雑記】現のまこと

夢の続きは現実だった。 どこまでも続く現の道を歩く先駆者。 現実を受け入れよう。 夢見る明日と同じように。 現を夢見る明日を信じる一歩を今日、踏み出した。

【雑記】夢見る明日

夢が叶ったとある日から3ヶ月近く経つ。 ようやく夢の続きを見られる日がやってきた。 夢は覚めるか、続くか。 夢想は無想へ。 明日を夢見よう。 まだ来ない明日に夢を託すことこそ、掛けがえのない祈りになる。

【時節】ブログを始めて3年が経ちました。

始まりの目的は未だ果たせていません。 でも、続けてきて良かったと心から思います。 いつか、ブログを通じて人と会ってみたいですね。 これからもよろしくお願いします。

【雑記】逃げるは恥だが役に立つ

見てます。 時折胸を突く表現があれど、全体は楽しい物語です。 重すぎず、軽すぎず、社会的でもある。 重い荷物を背負うことを辞めてしまった現代人に受ける訳ですね。

【雑記】バレンタインとバンジージャンプ

今週のお題「新しく始めたいこと」 良く分からないお題に乗っかってみました。 世間はバレンタインですね、チョコあげたし、貰いましたよ。 どちらも義理チョコです。 来年は本命を貰いたいですね。 その為にも、新しく始めようと思います。 やること、それ…

【考察】「呪い」を解かない「勇気」

megamouth.hateblo.jp 「呪い」は存在する。 それは「愛」だったり「誇り」だったり 「憎悪」だったり「恋慕」だったり。 「呪い」を口にすることは「願い」を口にしていると同義です。 「作りたい」「語りたい」 そんな純粋無垢な願いを持ちながら、「出来…

【雑記】休みは唐津に行くと決めた。

楽しいことを始めよう。 手始めに、思い出を巡る旅を。 ずっと憧れていた、普通の楽しさを追求していこう。 考えることなく、心の赴くままに動いてみてもいいだろう。 そうすれば、きっと良い笑顔で言える。 「楽しかった」と。

【時節】人と違うことをする「勇気」を捨てて

「嫌われる勇気」 「幸せになる勇気」 そのどちらも僕は持っていた。 だから僕は「世界で一番幸せなんだ」と思っていた。 それは正しい。 きっとその瞬間、僕は世界で一番の幸せ者だった。 世界で一番幸せな記念日があった。 僕はきっとその日のことを生涯忘…

【考察】嫌われる勇気、幸せになる勇気

読みました。 あるフレーズを思い出す。 「人はいつも勇気を試されている」 変わりたくない、勇気を持つ人々。 ウィトゲンシュタインはシンプルにこう言っている。 「幸福に生きよ」 アドラーの教えは現代人には少し荷が重かった。 だから「マインドフルネス…

【記録】アカツキに燃える

アウトが宣告されるその瞬間まで、勝敗は漂っている。 どんなに状況が悪くても、勝負はまだ決していない。 僕達は自分自身を信じて、自分が打った打球を信じて走り出すしかないんだ。 さあ、走り出せ――! 明日は全速力で駆け抜けて、周囲を驚かせてみせます。…

【考察】事象を繋げて観測すること

過去を振り返った時に、今思えば・・・ということは間々ある。 例えば、ある人が会社にいた、年齢は下、会社での先輩だ。 その人には何かしらの才能があったように思える。 だから、僕は興味を持って話しかけた。 相手も、多分自分に興味を持ってくれたように思…

【雑記】裏の裏は表

再びコイントス。 表。 プライベートを切って仕事を選んだこと。 表を出す為に必要なことでしたね。

【雑記】賽は投げられた

コイントス。 裏 ふむ、裏を表にするにはどうしたらいいかな?

【考察】瓦礫の道を歩むこと

誰かが歩いた道を、今歩いている実感が確かにある。 誰かが考えていたことを、今考えている実感が確かにある。 「今までずっと一人で戦っていると思っていた」 吐露したのは誰だったか。 いつでも自身ではない誰かだった。 僕はいつも誰かを追いかけている、…

【時節】怖いものがないなんて、真っ赤な嘘

怖いものなんてない、と言う人がいる。 真っ赤な嘘だ。 怖いものがない人は、すぐに死地に飛び込んでいく。 そうして、死なない人は偉人になれるかもしれない。 けれど、怖いものがない人の大半はいずれ死んでしまう。 怖いから、頭を働かせる。 傷付きたく…