読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

【FFXI】15年前の未熟な僕に捧げる言葉

15年前の昨日、つまり5月16日。 後の僕の運命を変えるゲームであるFFXIが発売された。 発売前から心を掴んで離さなかった。 そのことは疎遠になっていた今の親友との仲を繋ぐ切っ掛けにもなっていた。 僕は発売日にFFXIを始めることは出来なかった。 15年前…

【時節】黄金の別離

バンジージャンプをするにあたって、親友とお互いの心の内を話した。 「死ぬことは怖くない」 僕は親友に告げた。 結果が分かっている出来事を僕はもう恐れない。 「誰かが傷付くのが怖い、誰かを傷付けるのが怖い」 僕は続ける。 「自分は本当は一人が好き…

【雑記】完璧を演じること

金曜に同僚を飲みに誘った。 良く「人は完璧じゃない」だとかいう話を聞く。 僕は会社に入ってすぐは問題児だったけど。 少しずつ「社会」というものを学んでいったら。 どの上司にも「完璧です」「何も言うことはない」と言われるようになった。 おかしいな…

【仕事】ちょっとは楽しくなってきたみたいだ

「何かを変えるには、自分が動くしかない」 かつての自分はそんな思いを持って、一歩踏み出す覚悟をした。 踏み出すと、確かに世界は変わった。 それが自分の行動と無関係であっても。 閉鎖的で退屈だった会社を変えたいと願った自分の心。 変わっていく会社…

【時節】走り続けるには燃料が必要だ

自分は余り悩まない。 正確には、悩むことを苦しみだとは思っていない。 悩むこと、持っていないこと、渇望すること、嘱望しないこと。 全てのマイナスの要素は振り返れば取るに足らないことだったりする。 恐らく「大人になる」ということは経験から学ぶこ…

【雑記】「君の名は」を見る

泣きたい気分になったので「君の名」を見た。 でも、泣けなかった。 「君の名は」は面白い映画だったけど、普通の作品に感じた。 恐らくその「普通さ」が幅広い層に受けたのだろう。 秒速5cmメートル、言の葉の庭には「力」があった。 二度と戻らない時間の…

【雑記】孤独の話

孤独を感じている。 少し前まで夢想してやまなかった現実を手に入れた瞬間に 空想で彩られていた世界が現実味を持ち始めて、 それ故に、現実にも空想の期待を持ってしまう自分がいる。 現実に馴染むべく、心理学の本を読んだ。 「世界は自分の投影によって成…

【考察】コンビニ人間を読んで

コンビニ人間読みました。 思ったこと。 ・結構面白かった ・白羽と周りの人間は大分誇張されている ・恵子みたいな人間は自分含めそこそこいると思う ・えっもう終わり?的なボリュームの薄さ ・作者は他称クレイジーらしいけど、特にそうは感じなかった ・…

【雑記】世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

読みました。 村上春樹は相変わらずいけ好かない野郎だけど、良い小説です。 結末で主人公は空想の世界を選びました。 ほんと捻くれた奴ですよ。 村上春樹も自分と同じように不思議な体験をしたんだろうか。 もしそうなら、空想世界を描く作家は須らくどこか…

【雑記】現のまこと

夢の続きは現実だった。 どこまでも続く現の道を歩く先駆者。 現実を受け入れよう。 夢見る明日と同じように。 現を夢見る明日を信じる一歩を今日、踏み出した。

【雑記】夢見る明日

夢が叶ったとある日から3ヶ月近く経つ。 ようやく夢の続きを見られる日がやってきた。 夢は覚めるか、続くか。 夢想は無想へ。 明日を夢見よう。 まだ来ない明日に夢を託すことこそ、掛けがえのない祈りになる。

【時節】ブログを始めて3年が経ちました。

始まりの目的は未だ果たせていません。 でも、続けてきて良かったと心から思います。 いつか、ブログを通じて人と会ってみたいですね。 これからもよろしくお願いします。

【雑記】逃げるは恥だが役に立つ

見てます。 時折胸を突く表現があれど、全体は楽しい物語です。 重すぎず、軽すぎず、社会的でもある。 重い荷物を背負うことを辞めてしまった現代人に受ける訳ですね。

【雑記】バレンタインとバンジージャンプ

今週のお題「新しく始めたいこと」 良く分からないお題に乗っかってみました。 世間はバレンタインですね、チョコあげたし、貰いましたよ。 どちらも義理チョコです。 来年は本命を貰いたいですね。 その為にも、新しく始めようと思います。 やること、それ…

【考察】「呪い」を解かない「勇気」

megamouth.hateblo.jp 「呪い」は存在する。 それは「愛」だったり「誇り」だったり 「憎悪」だったり「恋慕」だったり。 「呪い」を口にすることは「願い」を口にしていると同義です。 「作りたい」「語りたい」 そんな純粋無垢な願いを持ちながら、「出来…

【雑記】休みは唐津に行くと決めた。

楽しいことを始めよう。 手始めに、思い出を巡る旅を。 ずっと憧れていた、普通の楽しさを追求していこう。 考えることなく、心の赴くままに動いてみてもいいだろう。 そうすれば、きっと良い笑顔で言える。 「楽しかった」と。

【時節】人と違うことをする「勇気」を捨てて

「嫌われる勇気」 「幸せになる勇気」 そのどちらも僕は持っていた。 だから僕は「世界で一番幸せなんだ」と思っていた。 それは正しい。 きっとその瞬間、僕は世界で一番の幸せ者だった。 世界で一番幸せな記念日があった。 僕はきっとその日のことを生涯忘…

【考察】嫌われる勇気、幸せになる勇気

読みました。 あるフレーズを思い出す。 「人はいつも勇気を試されている」 変わりたくない、勇気を持つ人々。 ウィトゲンシュタインはシンプルにこう言っている。 「幸福に生きよ」 アドラーの教えは現代人には少し荷が重かった。 だから「マインドフルネス…

【記録】アカツキに燃える

アウトが宣告されるその瞬間まで、勝敗は漂っている。 どんなに状況が悪くても、勝負はまだ決していない。 僕達は自分自身を信じて、自分が打った打球を信じて走り出すしかないんだ。 さあ、走り出せ――! 明日は全速力で駆け抜けて、周囲を驚かせてみせます。…

【考察】事象を繋げて観測すること

過去を振り返った時に、今思えば・・・ということは間々ある。 例えば、ある人が会社にいた、年齢は下、会社での先輩だ。 その人には何かしらの才能があったように思える。 だから、僕は興味を持って話しかけた。 相手も、多分自分に興味を持ってくれたように思…

【雑記】裏の裏は表

再びコイントス。 表。 プライベートを切って仕事を選んだこと。 表を出す為に必要なことでしたね。

【雑記】賽は投げられた

コイントス。 裏 ふむ、裏を表にするにはどうしたらいいかな?

【考察】瓦礫の道を歩むこと

誰かが歩いた道を、今歩いている実感が確かにある。 誰かが考えていたことを、今考えている実感が確かにある。 「今までずっと一人で戦っていると思っていた」 吐露したのは誰だったか。 いつでも自身ではない誰かだった。 僕はいつも誰かを追いかけている、…

【時節】怖いものがないなんて、真っ赤な嘘

怖いものなんてない、と言う人がいる。 真っ赤な嘘だ。 怖いものがない人は、すぐに死地に飛び込んでいく。 そうして、死なない人は偉人になれるかもしれない。 けれど、怖いものがない人の大半はいずれ死んでしまう。 怖いから、頭を働かせる。 傷付きたく…

【仕事】賢い人

ベテランさんが人に物を教える話をしていて、 「自分は最初に全部教えて欲しいです、そうすれば仕事をしながら、このことを言っていたんだな、と理解しながら作業出来るので」 と正直な気持ちを伝えたら 「それは稀、そんな人は早々いません」 笑いながら返…

【考察】人を意識的に操作するのは難しいらしい

無意識の内にやっていたことを意識的に出来るか試してみたのですが、 どうも意識的にやると、すぐには効果が出ないみたいですね。 例えば、人を操作すること。 行動を起こすことで、波風を呼ぶことは出来ても 即何かに繋がるか、というのは難しいらしい。 素…

【仕事】来週は地獄らしい

正直な話、毎日暇してます。 出来てないから、出来るまで待つ。 ひたすら、待つ。 出来たものをチェックする。 終わる。 待つ。 しかし来週は地獄らしい、どんな地獄かワクワクします。 とりあえず日曜は出勤らしいぞ!!

【仕事】25日にゲーム大会をするらしいから予定をキャンセルするの巻

25日に帰省する予定だったのですが、辞めました。 会社でゲーム大会をするからです。 即参加にチェックを入れました。 うーん、楽しみだ。 退屈な大会にならないといいけど、ね。

【雑記】「岡崎に捧ぐ」を読んだ

1月1日に書いたけど、僕には子供からの親友がいる。 きっと「岡崎に捧ぐ」を書いた作者と同じような気持ちを僕は持っているし、 もしかしたら親友も持ってくれているのかもしれない。 刊行されている2巻の最後で、中学生を卒業する2人は別々の道を歩もうとし…

【仕事】感謝すること

「書くこと完璧すぎて言うことないわー」 褒められたのに、僕はいつものように 「なんか全然心篭ってなくて棒読みじゃないですかぁ」 素直に受け取らなかった。 本当は嬉しい癖に、照れ臭いから天邪鬼な発言をして 折角の褒め言葉を台無しにしてしまう。 で…

【考察】争いは同じレベルの者同士でしか発生しない

megamouth.hateblo.jp まず営業はプログラマに機嫌良く仕事させることが出来ない。 仕事は取れても人を説得出来ない。 すなわち二流です。 そしてプログラマは営業に無理な理由を説明することが出来ない。 営業を巻き込んだシステムを書けない。 すなわち二…

【雑記】輝く物しか選ばない

「楽しいことを見つけることに関しては、 世界中で誰にも負けないと自信を持って言えるんですよ」 そんなことを熱く語った誰かを思い出す。 いつも不思議に思っていた。 「どうして、僕以外の人間はこんなにつまらない顔をしているんだろう?」 世界は楽しい…

【仕事】パンデミックの罠

インフルエンザによって人がバタバタと倒れている。 問題は倒れていることじゃない。 「人がいなくなった」ストレスだ。 回っていた歯車が抜け落ちて それでもシステムは動きを止めていないのに 「抜け落ちた歯車」を未練がましく見つめ続けている。 起こっ…

【仕事】退屈な日常

要求されるレベルが高い、僕なら出来るだろうと回された仕事。 僕は余計なことを言わなかった。 いつものように「はい」と無表情で答えただけだ。 その数分前に、その仕事を振られることを把握していたから。 言葉では説明出来ない、予知にも似た直感。 「○○…

【雑記】世界は並列に走り続けている

自分の目を耳を、何よりも信じるようになったのはいつだったか。 もう覚えていない。 顔も名前も分からない、興味の無い人の批評を、雑音と称するようになったのはいつだったか。 それも覚えていない。 何かを信じ続けることは、どうやらとても難しいことら…

【考察】模倣すること

やっぱり琴線に触れたので書きます。 僕は彼女のコードに感じた違和感がわかったような気がした。ようするに彼女は模倣するのだ。相手に合わせて、同じようなコードを書く。それが彼女の能力だった。 ボンクラが書いたコードならボンクラでもわかるように。…

【考察】薄気味の悪い現実

存在している物事には必ず意味がある、個人的な持論です。 例えば「幽霊」の概念。 しばしば人は「幽霊」がいるか、いないかの議論をしがちです。 でも、そんな議論は只の言葉遊びであって、議論をしたからといって「幽霊」が出現する訳でも存在しなくなる訳…

【記録】それこそ窓が開くように

誰かが作った音楽を聞いて、誰かのことを考える。 この人はこの音に何を込めたのだろうか。 頭で考える前に心を開いて、音を聞くと、 誰かが音に込めた思いが聞こえてくる。 ある人がデビューをした。 デビュー曲を僕が聞いた。 そして僕は考えた。 この人の…

【記録】人生の先輩が残した言葉

20代の前半だったか。 かつてあるブログを見ていた。 自分が憧れる「大人」でありながら、世の中に紛れない色を持ち続ける人。 その人はブログの更新を辞めて、自分にはもう観測は出来なくなったけれど きっと今も色を失わずに、世の中、社会に溶け込んでい…

【時節】いつかスーパースターが僕の前に現れるまでは

自分が描くストーリーを演出する為に選んだ1月1日の覚悟の帰省。 親友に今までのことを全部話してきました。 恥ずかしいことも、自慢したいことも、聞いて欲しいことも、 情けない話も、隠しておきたいことも全部。 そうしたら親友も話してくれました。 恵ま…

【時節】年も暮れるので

なんか最近【時節】タグ乱用してる感が否めません。 このタグは意味のある特定の時期にしか付けてなかったんですけど 最近はてんやわんやで現実も自分も二転三転してます。 31日に仕事する気分を味わいたくて、シフトを空けてました。 うん、空けておいて良…

【雑記】いまさら翼といわれても

米澤穂信の古典部シリーズの最新刊「いまさら翼といわれても」 どうしても今すぐ読まないといけない、そう直感して読んだんですが・・・ 直感は正しくてまぁ刺さりましたねぇ。 ネタバレするので折りたたんでおきます。

【雑記】頭の中に音楽が流れ続ける限り

2ヶ月で人生が激変した後の1ヵ月の激動を誰が予想出来たんでしょう。 結果から言うと、負け越してますなぁ・・・ 自分が成長する代わりに大切なものを失ったような、まだ繋がっているような。 「現実は思うとおりにはならないのです」 上の言葉を強く記憶して…

【時節】明日から始めよう

僕は世界中の誰よりも幸せなんだ。あの雪降る日に、肯定された命。そして、彼へ向けられる笑顔は、歳を重ねるにつれ増えていった。やっぱり俺は幸せものだ。そう、だから俺こそが、世界の悲しみを背負うべきなんだ。そんな彼へ捧げられた祝福。誕生日、おめ…

【時節】世間はクリスマスだけど、関係のない軌跡の話

このブログを始めて一番最初に書いた記事は「Missing Parts」についてでした。 今思えば自分は探偵になりたかったのかもしれない、悪戯な因果で結ばれた幼馴染から「ホームズ」と例えられた時は、いやー自分はずっと「ワトソン」だと思ってたけどねぇ、と思…

【仕事】良すぎる環境と共感

忘年会で優秀な新人Sさんが声を掛けてくれた。 自「社内どうっすか?きつくないですか?」 S「うーん、きついはきついですけど、そこまでじゃないです」 自「マジですか、きついんですけど・・・って言ってくるかと思ってました」 S「○○(←会社名)の環境が良すぎ…

【時節】忘年会は1勝1敗1分

帰ってきて寝て、今起きた。 若干頭が痛い。 いつものように、帰ってから、その日に起こったことを反芻していた。 あの言葉は正しかったか、この態度は間違っていなかったか。 そこまでは今までと同じだったけど、 結論は同じではなくなった気がする。 自分…

【雑記】年下の後輩は人生の先輩

年下の後輩がいる。 彼女ははっきり言って、仕事が出来る人ではない。 でも、彼女は努力をしている。 失敗をしてもへこたれないメンタルの強さ、あるいは鈍さを持っている。 だから、最初は彼女の能力に対して疑問を持っていた人も、彼女の頑張りを見て、応…

【ゲーム】誰が為のFFXV

発売日の仕事帰りにPS4とFFXVを買いました。 で、帰って2時間ぐらいやったんですけど、 FFXV面白い、こういうゲームだったんだって素直に思いました。 じゃあ土日はFFXV三昧だろう?となるはずが、 誰が為のアルケミストやってました! タガタメ面白いね・・・ …

【雑記】誰よりも頑張る自分がいたことを自覚すること

ここの所、毎日が楽しくて、毎日が新鮮で、毎日が寂しくて、毎日がこうならいいのに、と思うようになった。 そして気が付いたこと、自覚したことがある。 今までの自分のこと。 今までの自分は誰よりも努力をして、誰よりも頑張っていた。 それが形にならな…