明日から始めよう

管理人ユウが思ったこと、感じたこと、考えたこと                                    Twitter:I_am_You4321 https://twitter.com/I_am_You4321

ある男の人生を変えた3.11、その後の人生

これは僕の話ではないのだけれど・・・

ある一人の男の人生を変えた出来事を僕が語ってみよう。

 

まずは僕の話から。

 

<序章 僕>

僕は3.11の日に家にいて

地震が起きたことをテレビで知った。

 

東北で大惨事を引き起こした未曾有の災害。

それを僕はテレビ越しに眺めている。

外に出ても特に何も変わらない日常が続いていたことを良く覚えている。

 

初めは大地震が起きたらしい、建物が倒壊したらしい。

そんなぼんやりとした情報だった。

 

地震による大災害、その引き金の多くは津波の被害だろう。

遅れてきた津波は東北を覆いつくしてしまった。

 

僕はその映像を中継で見ていて

「非現実とはこういうことか」と対岸の火事を見ている気分だった。

 

それから・・・

テレビ局は報道一色、番組は自粛。

魔法の言葉が~CMが何度も何度も流れる。

 

東日本大震災は周辺の人のみならず、日本の人々全てを巻き込んで

あらゆる出来事の引き金になった。

 

<2章 ある男>

断っておくけれど

これは僕の話ではない。

東京に住んでいた、ある男の話だ。

 

ある男は東京の一流企業に勤めていて、充実した日々を送っていた。

交際していた女性との間に子供を授かり結婚、

このまま企業に勤め続けるんだろう、そう思っていた。

3.11に自らの運命が変わるとも知らず。

 

3.11に東日本大震災が発生。

東京も地震の被害に晒された。

人口の多い東京、直接的な被害は大きく無くとも

ビルは揺れ、帰宅は困難になり、そして何より。

人々の心を蝕んだ。

 

大震災、津波原発被害、報道規制、自粛。

ひとつひとつの出来事が積み重なって、

離れた東京の地に住んでいる男の家庭にも影響を及ぼす。

 

「将来子供に何かあったらどうするの?」

そんな問いを連日連日、妻に言われた男は子供の為に生きることを決意した。

それまでの人生、自分のやりたいように、好き勝手に生きてきた人生にサヨナラを告げる決意を。

 

<3章 僕>

何の被害も受けていない、僕の心も平穏とはいかなかった。

日本はどうなってしまうのか・・・漠然とした不安と。

何も出来ない傍観者の自分への無力感と。

 

今振り返れば・・・

あの地震は多くの自分以外の人の人生を変えてしまったと思っていたけれど

きっと、僕の人生も地震によって変わってしまったんだろうと思う。

 

あの時に感じた自分への無力感、偽善への抵抗。

あの時、僕は働いていなかったから。

僕は募金を行わなかった。

 

親のお金で募金をしてどうするんだ。

募金をするエゴを満たすために他人のお金を消費する。

そんなエゴを僕は許さなかった。

 

でも、別にそれはそれで良かったのだと今思う。

偽善というエゴ、救われる人と満足する自分。

被災地へ出かけるタレント、何が善で何が偽善なのか。

それを決めるのは常に自分だ。

 

何がやりたいか、何が出来るか。

僕は真剣に考え続けた。

 

<4章 ある男>

決意をした男の行動は早かった。

仕事の引継ぎを行い、次の仕事の見通しを立て、震災被害者の受け入れ居住地への移転を申請した。

 

しかし・・・

申請は通らなかった。

震災被害者の希望はそれほど多かったのだろう。

 

仕方なく、男は別の受け入れ場所を捜す。

探し出した場所は恐らく男の希望からは離れていたが

男はその地に移り住むことを決意する。

 

そして妻と子供、先に受け入れ場所に送り、自身は東京に残り手続きを終わらせた。

 

そして全てを終えた男は東京を離れた。

何の当てもない、未開の土地へ。

 

<5章 僕>

震災から時間が過ぎてテレビで見る日常が戻ってくる。

僕の心も掻き乱されることは無くなったけれど

きっと、僕はあの日から自分を責め続けていた。

 

何の役にも立たない自分、何もしない自分。

そんな自分に嫌気が差して仕方なかった。

 

僕は物語を作りたかった。

誰かを救える物語。

かつての僕を救ってくれた物語達に敬意を払いつつも

僕こそが、僕の求める最高の物語を作りたいと、そう願っていた。

 

2012年11月29日、震災から暫く経って・・・

僕の人生は大きく変わる。

 

<6章 ある男>

未開の地へと降り立った男は、家族を養うために仕事を探す。

しかし、辺鄙な地に仕事はなく。

男は通勤時間のかかる繁華街で仕事を探すことになる。

 

未経験の販売の仕事を得た男は、

全国で売り上げ1位を目指すチームに何故か加わることになる。

 

全国有数の売り上げをを叩き出す周囲と

努力をしてもチーム最下位の男。

 

売り上げを伸ばすため、ノルマを果たすために

話術を鍛えた、物を売る辛さを学んだ。

それでも物を売るための悪に徹しきれない自分がいて・・・

 

連日詰められる日々、

店内BGMがトラウマになるほど男の精神は追い詰められる。

そうして、男は販売の仕事を辞めた。

 

<7章 僕>

2012年11月29日に、あるゲームが発売された。

僕はそのゲームを発売日に買った。

まさかその選択で人生が変わるとも思わず。

 

僕は打ちのめされる。

完璧なロジックと、僕が求める物語性。

今の時代には出来ない、熱意と労力。

全てが僕の心を震えさせ、感動させ、そして背筋が寒くなるほどの衝撃を与えた。

 

僕は毎日眠れなくなった。

そのゲームのことを考えては思いを馳せ、ロジックの素晴らしさを称え

人物を思い、背景を想像し、改めて物語の完璧さを痛感する。

 

僕のプライドは粉々に打ち砕かれた。

僕が求める最高の物語は、僕にしか作れない。

そんな中学生が持つような、青臭い思想を打ち砕き

そして何よりも。

 

そのゲームのテーマは「明日から始めよう」だったのだ。

 

<8章 ある男>

販売の仕事を辞めた男は、新しい仕事を探していた。

 

未来で長時間働くことになる会社にも目を通したが

その時にはその会社には行かなかった。

ここで男は、その会社に行く未来もあったと回想する。

 

結果的に、男は小さなゲーム会社で働くことになる。

何故そのゲーム会社を選んだのか?

僕はまだ知らないが

恐らく小さな会社なら裁量を与えられると思っていたのだろう。

 

男は自らの手腕により、始めから頭角を現していたが・・・

周囲からは「何を考えているか分からない」と評される。

 

販売の仕事に向いていないと感じた理由、それは男が人見知りだったこと。

男が他人に興味がなく、一人が好きだったことに由来するのだろう。

 

男は業務委託で、別会社に常駐することになる。

この先何年もお世話になる、その会社で。

男は仕事をし、信頼を得、自らの力で。

 

その男は独自の地位を獲得した。

 

<9章 僕>

「明日から始めよう」

この言葉はともすれば

怠惰の言い訳とも取れる。

 

しかし僕は、この言葉を胸に刻んだ。

今思えば、それは贈り物だったのだろう。

 

プライドを粉々に打ち砕かれたことで、僕は目標を失ってしまったけれど

それでも、僕は打ち砕かれた心をもう一度拾い集めて。

 

僕はようやく小さな一歩を踏み出した。

本当に小さな、些細な勇気。

僕にとっては大きな一歩となる。

 

iamyou.hatenablog.com

僕はブログを始めた。

誰のためでもなく、自分のために。

ブログ開設から、4年と1カ月経ち。

僕はまだ目標を達成していない。

 

今思えば、やはり僕は怖かったのだ。

自分の大切なもの、失いたくないもの

プライド、誇り、しまい込んだ感情を

外に出すことを恐れていた。

 

今なら分かる。

大したことではない、と。

 

何かを恐れる心は、

何かを守る心。

 

プライドだったり、誇りだったり。

自分の実力を知りたくない、と耳を塞ぐ。

 

大震災で人が得たものは、

壊れてしまっても、命さえあれば治すことが出来る。

そんなものじゃないだろうか。

 

失われた命と、震災地を立て直そうとする心。

失ってしまうからこそ、人はまた歩きだす。

失われた命に報いる為にも。

 

失わなければ、決して気付かずに過ごしていた

当たり前の現実を、毎日続けていく努力。

 

僕は生きる努力を始めた。

 

<10章 ある男>

男は小さな会社を切り盛りする立場になった。

 

男は自分が全国でどれくらいの位置にあるか考えるほどに、

自分の能力に自信を持っている。

手を抜いていても、仕事を人の何倍もこなせる。

 

きっと、震災から時間が経ち

3.11に脆く崩れ去ってしまった日常は掌に返ってきていた。

 

<終章 僕&・・・ >

生きる努力の果てに、僕はある会社に入る。

これまでの人生全てが反転するとも知らず。

 

Beginning To Be Contined ・・・

彼女は今日も歩む。ふわりとした足取りで。

今日の朝、僕は怒っていて「夜、話があるんだけど」と人を呼び付けた。

家を出て寒空の下を歩いていると、怒りがどこかへ消えていくのを感じた。

 

あぁ、「やっぱり何でもなかった」って言うべきだろうか。

ぼんやりと思いつつ、まぁいいかと仕事場に着く。

 

今日は心を狂わせる、ある人がいなかった。

その人の言動に、僕はいつも振り回されている。

 

それは尋常ではない喜びに満ちたものでもあり、底の無い憎しみ、苦しみをもたらす。

 

「人に執着する」ことを僕はその人に教わった。

誰かに期待して、裏切られたと憤慨して。

どうにか自分に目を向けさせたい。

一秒でも長くその人と時間を共有したい、と。

 

人はそれを「恋」と定義する。

 

僕はそれを「愛」と定義した。

 

無償の愛、その人がいるだけで、曖昧なこの世界に光源をもたらす。

有償の愛、その人に好かれたくて、曖昧なこの世界を地獄に変える。

 

この先、何があっても。

僕はその人のことを忘れないだろう。

 

この先、何が起きても。

僕はその人のことを思い続けて生きていくだろう。

 

今の僕の心は満ち足りている。

上の文章は僕の心そのもので、

その心を人は「感傷」と定義したり、

ナルシシズム」と定義したりもするだろう。

 

どちらであっても、僕の言葉は変わらない。

ずっとこの場所に残り続ける。

 

僕は不確かな世界を、

軽やかな足取りで渡ったり。

 

時には憎しみで彩ることもあるだろうけど

僕は幸せに生き続ける。

 

そう確信するその瞬間から、

僕の幸せは始まっていく。

 

そんな僕に「今日は無理」と返答があった。

もう、僕の怒りは消え去っていた。

 

 

【時節】仕事初めと占いと運命と

遅めの仕事初めでした。

 

昨日は夜眠れなくて2時ぐらいに、飛び起きたんです。

で、何をしたかというと・・・

 

タロットカード(真顔)

4千円ぐらいするタロットカード買ったんです、大分前に。

 

で、たまに占っては、首を捻ったり、頷いたりしてた訳ですよ。

男がタロットカードを深夜に手に取る理由、何だと思います?

 

はー、まぁ占いですよね・・・

2018年の運勢をタロットカードで占ってみたんです(真顔)

 

そしたら、もう出るわ出るわ。

 

当然逆位置ィ!

正位置やないんかい!ってセルフ突っ込みしたくなりますよ。

 

タロット知らない人にざっくり説明すると「正位置=いい、逆位置=わるい」

 

逆位置のカードばっかり出るってことは、2018年は困難ばっかりだよ!夢も希望もないよ!ってことなんす(暴論)

 

もー終りダー2018年は最悪の年なんダー。。。

 

さて。

真面目に話すと。

タロットカードには「流れ」があるんです。

逆位置の恋人のカードが過去を示して、逆位置の正義のカードが未来を示したら

「移り気で優柔不断な過去の流れが、未来で嘘と別離を引き起こす」

こんなストーリーが生まれる訳です。

 

じゃあ未来は変えられないの?絶対に別離が起きるの??

ぶっちゃけ分からん。

ただ「今」の流れは別離に向かうよ、とカードは訴えてるんですな。

それを「無視してみなかったことにする」もよし「別離」が起きないストーリー性を作るもよし。

 

占いってのは「成功する」っていう都合の良い幻想を見せるものでも

「失敗する」っていう都合の悪い幻想を見せるものでもないんす。

 

ただ「今」のあなたは「カード」に出たよ。

それだけなんです。

 

2018年は「混乱」「報われない努力」「方向性が定まらない」とカードに出たから。

僕は「混乱」することを受け入れようと決めました。

 

混乱させようと思う出来事が起きたら、

「あ、それ知ってました」と受け流せばいい。

起きなければ「ラッキー、得した」それだけ。

 

「孤独」「孤立」そんなカードも出てる。

もしかして恋人と別れるかもね。

でも、それでいいんだよ。

 

恋人と別れても、混乱が起きても、孤独でも、孤立でも、

報われない努力でもいい。

起きるものは起きるし、起きていない出来事は起きない。

 

そう「決定」したら。

スーっと肩が楽になった。

 

仕事してる方が楽だね。

やることがあれば余計なこと考えないし。

思考に囚われた自分は特にそう。

 

いつか、思考しない自分になれるんかね。

 

なんて、考えたら、ずっと思考に捉われ続けてしまうから、やめやめ。

【映画】2回目以降の「君の名は。」の感想をつらつらと(ネタバレ満載)

絶賛正月休み中のユウです、こんにちは。

 

3が日に地上波で「君の名は。」放送されましたね。

見た人も多いんじゃないでしょうか。

 

前回、世間的に酷評されている「打ち上げ花火(略)」と比較した君の名は。でしたが

2回目を見たらそれなりに思うことがあったので、書いていこうかなと。

 

▽総評

正直通して見る分には結構退屈な映画です。

 

「「もしかして、入れ替わってる~!?」」とか

「「あの男(女)~!(げきおこ)」」とか別にいらない・・・

 

まぁコメディ要素を入れないと万人受けしないから仕方ないんでしょうし

↑↑の台詞からの歌と風景描写は見事な物だから、プラス評価なんですが・・・

 

一番のボトルネック、マイナスポイントは「何故時間軸がズレているのか」の説明が全くないことです。

※宮水の血筋、だけじゃ弱い

 

そもそも「時間軸がズレている」というトリック自体がエロゲにはありがちな設定。

エロゲユーザーなら「あー時間軸ズレてるのね、それで?」となるのも仕方ない・・・

 

そういうものだから、とかそこは重要じゃない、という意見を持つ人も多いでしょうが

特に驚きもないし「良く分からんが時間軸がズレてて彗星の被害も受けなかったラッキー」っていうご都合主義感が否めません・・・

 

この辺は時間移動物にありがちな欠点と言えますね。

好き勝手に時間軸を弄りまくってお咎めが何もないってのは個人的には深みが足りないかと・・・

 

蛇足でした。

まぁそんな感じで

「何か時間軸がズレてて入れ替わって、頑張ったら彗星の被害も受けずに2人は無事再会してめでたしめでたし~」

そう、どうぞお幸せに(関心薄)ってのが本音。

 

中盤の瀧と三葉の葛藤とか苦悩にもう少し尺を取ってれば共感出来たのに。

「「あいつ~!?」」な茶番に時間掛けすぎたのがマイナスだと思ってます。

 

なんて酷評してますが

こんな長々書くぐらいですから、君の名は。好きですよ?

テーマ性があるし所々「おっ」って思うシーンを抜き出すと素晴らしい映画です。

 

▽見所シーン

・OP(BGM:夢灯篭)

大人になるにつれて2人の表情に憂いが出るのが良いです。

夢灯篭の雰囲気を全編通して維持してれば涙無しでは見れない感動巨編になってましたね。

ずっと何かを、誰かを探している描写がもっと多ければ・・・

 

・入れ替わり判明(BGM:前前前世

都会の風景が変化していく人の営みを表していて何度も見れます。

2人のコミカル描写はここのOPだけで良かったのでは・・・

 

・ムスビ

組紐を持って時間の流れ、縁を「ムスビ」の一言で説明したのは見事。

 

・奥寺先輩とのデートシーン(BGM:三葉のテーマ)

その場所にいなくても三葉の思いは側にあって、三葉が自覚なしの涙を流すシーンはグっときます。

奥寺先輩が瀧の本心を言い当てる所もいいですね。

総じて奥寺先輩は物語を動かす重要人物で高評価。

 

・糸守町の消滅判明

ここで日記が消えていくのはややご都合主義が否めないんですが、演出的には良かったと思います。

この辺の絶望シーンがもうちょっと長ければクライマックスの感情移入度がグっと上がったんですけどね・・・

 

「でもきっと、瀧くんは誰かに出会って、その子が瀧くんを変えたんだよ。それだけは確かなんじゃないかな。」

奥寺先輩ほんと良い人。

 

・瀧のトリップ

こういう精神描写は特に好きです。

三葉も瀧と意識を共有するシーンは欲しかったかなと思います。

 

・2人の再会(かたはれ時)

ここで瀧と三葉がイチャイチャする訳ですが、好きになる前と後だけ書かれてて

その間の描写が無いせいで、いまいち再開の感動と別れの反動が少ないのが残念。

でも音楽の使い方と映像は良いです。

 

・彗星落下(BGM:スパークル

「ただひたすらに・・・美しい眺めだった」

これは重ね重ね同意、初めて瀧に感情移入出来たシーンです。

ここが一番の感動ポイントかなぁ、涙は出ないけど。

 

・奥寺先輩との再開

「君も・・・いつかちゃんと、幸せになりなさい」

結婚指輪を嵌めた奥寺先輩ほんと好き。

ここのBGMはデート2かな、音楽素晴らしい。

 

・2人の再開(BGM:なんでもないや)

ビルを背景に朝から夜に時間流れている風景描写が良い!

 

「ずっと、誰かを、探していた」

めでたしめでたし、な万人受けするEDだと思います。

いやぁ秒速5センチメートルとは大違いですね!

でも自分は秒速のEDの方が好きです!

 

▽まとめ

並べてみると見所シーン多いな!

行間をチョキチョキして脳内補完すれば超絶名作。

 

なにより音楽が素晴らしいです。

音楽は文句なし100点満点挙げられるレベル。

 

で、ここまで書いてて思ったけどやっぱ自分「君の名は。」好きですね。

前「完成されている」と評したのは「万人受け」の観点だったんですけど

ダメな点を挙げると結構出てきたな、とも思いました。

ダメな部分=そこが好きな人もいると考えれば人気出るのも不思議じゃないですね。

 

新海さんの作品中だと毛色違いますが、これはこれでアリかと。

正直「言の葉の庭」は見てて(良い意味でも悪い意味でも)辛くなるので、ポップで風景綺麗で音楽良いのは見やすいです。

何を取るか、方向性の違いってだけですかね。

 

なんやかんや新海さんは良い映画作るなぁ!って話でした。

【時節】あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

 

あっという間に年の瀬が過ぎてしまい、気が付けば元旦といった塩梅です。

去年、一昨年とプライベートは激動の年だった訳ですが、仕事は通常運転・・・

むしろ低調だったかなぁと思ってます。

 

プライベートが落ち着いてきた今、2018年は仕事に対してもうちょっと力を入れていきます。

とりあえず直近で職種を変える制度が職場に出来たので、それにチャレンジしてみようと思っております。

 

今の職種は楽なんだけど、正直退屈で・・・逆に辛いです。

頑張らなくていいなら頑張らない、自堕落な心が活性化してしまう毎日。

 

新しいことに挑戦するのってやっぱり恐怖が付きまといます。

本当にこれでいいのか、自分のやりたいことは何なのか?とかね。

 

でも、恐怖の大半は幻なんですよね・・・

自分の作り出したリアルな幻想。

 

こうなるんじゃないか?っていう恐れ。

だったらもしその恐れが現実化しても「ああ、知ってましたよそれ」と涼しい顔で受け流せばいいかなぁと思えるようになりました。

 

失敗に執着したり、起こってもいない恐怖に執着するのは辞めようってね。

 

なんて強がっても、ショックを受けることは何がしか起こるでしょう。

2018年はその辺りのことも、適当にゆるーく書いていこうかと思ったり。

 

自分文章読むの好きなんですけど、書くの苦手なんすよ。

どうやったら上手く自分の心情を文章に乗せられるかなぁってずっとコンプレックス。

 

でもまぁ、誰もこのブログにそんな期待は寄せてないってね。

じゃあ気楽に自分の書きたいことだけ書けばいいだけ。

 

という訳で(まとまってない?)そんな感じの新年の抱負でした。

今年もよろしくお願いしマース。

11月4日は牡牛座の満月だった

昨日は満月の寒空の下で恋人と話してた。

書いてることはロマンチックでも、話の内容は大したことないし

頭で思い描く理想とは程遠い物だけど、やっぱり特別な日でした。

 

感情を解放して思ったことを吐き出した自分に

世界は現実、冷静という鏡を見せてくれたのが今日。

 

地元の友達と話すと、ふわふわしている空想の世界から、現実の世界に戻ってくる。

大して面白くも無い、淡々と続く日常。

 

それもいいか、とぼんやり今思っている。

 

妄想に彩られた空想は刺激的で、面白いけど

淡々と続く日常も、退屈なりに、穏やかで落ち着く。

 

空想でも、現実でも、どちらでもいい。

人生が見せてくれるドラマが面白くても、つまらなくても。

僕はドラマを眺めるただの観客に過ぎない。

 

つまらなければチャンネルを変えるし

ぼんやりとドラマを眺める日もある。

 

3連休は今日で終わり。

明日はどんなドラマが放送されるのかな。

そんなことを思いながら日曜の夜は静かに更けていく。

 

今の仕事を始めて明日で2年になる

社会のことを何も知らずに、社会を恐れていた2年前の僕。

社会のことを何も知らずに、社会を舐めていた2年前の僕。

 

「この会社に入れば、社会に出れば、何か変わるだろうか」

そんなことを考えていた。

 

僕は2年で変わった。

変わりたいと願ったから。

 

「28歳までに誰かを本当に好きになることが出来るだろうか」

そんなことを考えていた。

 

僕は誰かを頭がおかしくなるぐらい好きになった。

好きになりたいと願ったから。

 

「地位も名誉もお金もいらない」

そんなことを考えていた。

 

僕は地位も名誉もお金も持っていない。

いらないと願ったから。

 

願いは叶った。

何一つ残らず、完璧に。

 

願いは叶う、確実に。

これから先は、何を願おう?

 

そろそろ、自分のことを願おうか。

僕に必要なのは「幸せを受け入れる」勇気だ。

 

もう恐れなくてもいい。

もう頑張らなくてもいい。

もう無理をしなくてもいい。

 

人はいつも幸せになることを恐れている。

僕もまた例外ではなく、受け取ることを恐れている。

 

もう幸せになってもいい。

偽りの不幸を捨てていこう。

不安も恐怖も、幻にしか過ぎない。

 

自分を傷付けるのは、いつも自分自身。

もう自分を傷付けないようにしよう。

 

僕はこの2年で自分自身を好きになれたのだから。